小説家になりたい人必見!
時代小説作家・文芸評論家の榎本秋が小説家になる極意を伝授!
日本でも有数の時代小説作家であり、且つ専門学校講師として作家を数多く輩出してきた榎本秋が、「小説家への近道」をオンラインサロンで伝授します!
今なら1週間無料お試し登録も利用可能!
「小説家になりたい!」と思う人は、
こんな方が多いのではないでしょうか?
「小さい頃から作文が得意だった」
「読書感想文で賞をもらったことがある」
「本を読むのが大好き」
そんなあなたにピッタリの「小説家になるための極意」を教えてくれるのは、日本で最も小説の書き方の書籍を出版している文芸評論家の榎本秋。彼のサロンがいよいよOPENいたします!
まずは無料お試し!
まずは1週間の無料お試し機能(※)で、オンラインサロンにご参加ください。その1週間でこのサロンの素晴らしさを体感してください!
榎本秋のオンラインサロンで学べる
小説家になるための内容とは…
時代小説家であり、且つ専門学校講師として作家を数多く輩出してきた榎本秋が「小説家への近道」をレッスンいたします
このオンラインサロンは、
  • 「小説家になりたい」
  • 「文章がうまくなりたい」
  • 「人を惹きつける文章が書きたい」
と思っているけれども、どのように行動したらいいのかわからないと迷っているあなたのための「小説書き方サロン」なのです!
  • 小説を初めて書く方も安心!日本一小説の書き方の書籍を書いている榎本秋が書き方のコツを伝授!
    ⇒小説の書き方を日本一熟知している榎本秋が、小説を書く上で必要な知識を伝授します。 小説を書き始めた人が陥りやすい小説に関する知識の間違いとは?そのポイントを詳細に解説。これで、書き始める下準備は万全です!!
  • 小説を書くことで得られるメリットとは?
    ⇒もちろんプロデビューを目指します。その上でも小説を書いていくこと自体があなたにとって楽しいもの有益なものでないといけません。
  • 小説を書いている人の質問・悩みに厳選して回答!
    ⇒小説を書き進めると悩みや壁に直面すると思います。榎本秋が、すべての質問に目を通し、その中から多い質問に対して厳選し回答をいたします。
  • 小説を書いている仲間とのコミュニケーションも可能!
    ⇒お互いに競争相手であり、仲間である同じサロン内の同志と悩みを語り合ったり、歓びを分かち合ったりと、コミュニケーションを行うことも可能です。
榎本秋の
小説書き方サロン会員受付中!!
榎本秋による小説書き方レッスンの
公開はこれが最後かもしれません
今回、公開する榎本秋の小説書き方の極意は、これまで榎本秋自身の小説家としての経験・実体験に基づいたものであり、且つ、専門学校での講師回数も数百回に上り、多くの作家を輩出してきた内容です。

また、榎本秋も、今なおその極意を実践している内容なので、学習内容として実例に即した確かなものです。
何となく小説家になりたい、文章がうまくなりたいという自己の欲求からレッスンを受けてみた人が、どんどん小説に関する知識が豊富になって、輝いていく姿を見るのが楽しい、だから講師としての指導も継続しておこなっているのだと言い切る榎本秋だからこそ語れる点を加味した上でのオンラインサロンになっています。

だからこそ、もし、あなたが本気で「小説家になりたい!」と思っているのなら、登録してこのサロンを受講してください。
他では聞けない
「小説家になるための極意」が聞ける!
榎本秋は時代小説家であり、文芸評論家でもあり、また専門学校の講師も務めています。
さまざまな場所で講演をしていますが、このオンラインサロンでしか明かさない極意を伝授!

すべての小説家になりたい人のための「目から鱗」な情報をお届けします!
まずは無料お試し!
まずは1週間の無料お試し機能(※)で、オンラインサロンにご参加ください。その1週間でこのサロンの素晴らしさを体感してください!
※無料お試しはクレジットカード決済の方限定の特典となります。
榎本 秋(えのもと あき)
とは?

プロフィール

プロフィール写真

榎本 秋(えのもと あき)
1977年東京生。
二松學者大学などを経て、1999年からWEBプランニング、ゲーム企画に関わる。
2000年より、IT・歴史系ライターの仕事を始め、その後はフリーでのWEBプランニングを行う。
そのほか専門学校講師・書店でのWEBサイト企画や販売促進に関わったあと、2004年より、『ライトノベル完全読本』(日系BP社)・『活字倶楽部』(雑草社)で本の紹介をする。
2005年には初の編著本である『ライトノベルデータブック【作家&シリーズ/少年系】』(雑草社)を、2007年には同じく初の単独著本『戦国軍師入門』(幻冬舎)を刊行。

その後ライトノベルの書き方本などを複数発刊し、最近のものでは『ライトノベル作家になる』シリーズ『レシピ』シリーズ(ともに新紀元社)などがある。
ライトノベルにかぎらず内外を問わずエンターテインメント作品全般を論じる文芸評論家としても活動している。昨今話題の文庫書き下ろし時代小説にはブーム当初から関わり、新聞などに寄稿することも多い。また、オタク文化にも詳しく、その取材も多く受ける。

さらに歴史関連の書籍も、歴史新書(『10大戦国大名の実力』『外様大名40家 「負け組」の処世術』)・歴史ビジュアル書(『完全図説 戦国姫君列伝』『戦国男子! Vol.1』)・カラー版徹底図解シリーズ(『徹底図解 戦国時代』『徹底図解 坂本龍馬』)など多数の執筆・監修を行う。
2010年には書き下ろし文芸マガジン第一弾『signal』、第二弾『NONSTOP』の企画・監修を行い、榎本事務所HPと電子書籍作成サービスパブーよりPDF形式のデータで配信。
※『NONSTOP』以降はパブーでのみ配信(ともに6ヵ月に渡って月1回配信)
電子書籍に関しては同年に『電子書籍で人気小説を書こう!!』(秀和システム) を刊行する。
2012年より電子書籍にさらに力を入れ提携作家への配信、コンサルティング協力も始めた。
2007年以降、専門学校の講師も務めるなど作家育成に力を入れている。
テキスト・カリキュラムの監修を行い教育機関へ提供をするだけでなく、通信での私塾も開始。2012年よりeラーニングも開始。

近年は、オタク、小説の書き方、若者文化などをテーマに講演会、セミナーにお呼びいただくことも増えてきた。

《講師実績》
アミューズメントメディア総合学院大阪校ノベルス学科・キャラクターデザイン学科/アミューズメントメディア総合学院東京校ノベルス専科継続コース/東放学園映画専門学校小説・マンガ創作科(2016年現・小説創作科)・アニメーション映像化/日本マンガ芸術学院ライトノベル専攻/池袋コミュ二ティカレッジ/よみうりカルチャー自由が丘

*他、ライトノベル・歴史に関する原稿執筆や、ライトノベル・ジュブナイル文庫、一般文庫、復刊レーベルに関するコンサルティング、アドバイザーも勤める。

【主な文庫解説
『わすれ雪 天眼通お蔦父娘捕物ばなし』(ベスト時代文庫)
『宮本武蔵の『五輪書』が面白いほどわかる本 】(集英社文庫)
『小説小栗上野介 日本の近代化を仕掛けた男』(集英社文庫)
『マロリオン物語5 勝負の終わり』(ハヤカワ文庫FT)
『戦塵外史 野を馳せる風のごとく』(GA文庫)
『戦塵外史 八の弓 死兆の矢』(GA文庫)
『戦塵外史 大陸の嵐』(GA文庫)
『戦塵外史 豪兵伝』(GA文庫)
『徳川三国志』(集英社文庫)
『継承 奥右筆秘帳』(講談社文庫)
『風の陰陽師(一) きつね童子』(ポプラ文庫ピュアフル)

【連載】
歴史マガジンを発行する『歴史人』のオフィシャルサイト、「歴史人WEB」にてブログ(「榎本秋の戦国合戦、檜舞台」)を連載。
戦国武将の生き様を紹介しました。