東 俊介 athlete club 「ハンドボールメジャー化を本気で考え行動するサロン」

東 俊介 athlete club 「ハンドボールメジャー化を本気で考え行動するサロン」

概要

ハンドボール元日本代表キャプテンで日本ハンドボールリーグ初代マーケティング部長を務めた東俊介が主催する「ハンドボールメジャー化を本気で考え行動するサロン」では、2019年熊本女子世界選手権及び2020年東京オリンピックに向け、ハンドボール関わる全ての方々がそれぞれの立場で本気で考え、行動することで日本のハンドボールにおける勝利・普及・資金のトリプルミッションを好循環させていくことを目指します。

選手、指導者、ファン、サポーターをはじめ、スポーツ界、ビジネス界など様々な立場の有識者の方々と本気で意見を交換し、実際に行動していく仲間のための場として運用いたします。

【RECOMMEND】

・ハンドボールが大好きでもっともっとメジャーにしたい!
・ハンドボールメジャー化について本気で語り合いたい!

提供コンテンツ

定期的にテーマを決めて語り合う場を提供
  • 【EVENT】

    イベントについて

    ・ハンドボールを愛する仲間との交流会(男女混合や未経験者も含めた交流戦など)
    ・選手(現役、元)やハンドボール関係者、外部有識者などによるトークイベント
    ・日本代表応援イベント
    ・日本リーグ観戦イベントなど
  • 【QUESTION】

    ~会員様からの質問への回答~

    ・ハンドボールに関する全てについて
ハンドボール元日本代表キャプテンで日本ハンドボールリーグ初代マーケティング部長を務めた東俊介が主催する「ハンドボールメジャー化を本気で考え行動するサロン」では、2019年熊本女子世界選手権及び2020年東京オリンピックに向け、ハンドボール関わる全ての方々がそれぞれの立場で本気で考え、行動することで日本のハンドボールにおける勝利・普及・資金のトリプルミッションを好循環させていくことを目指します。

選手、指導者、ファン、サポーターをはじめ、スポーツ界、ビジネス界など様々な立場の有識者の方々と本気で意見を交換し、実際に行動していく仲間のための場として運用いたします。

【RECOMMEND】

・ハンドボールが大好きでもっともっとメジャーにしたい!
・ハンドボールメジャー化について本気で語り合いたい!

提供コンテンツ

定期的にテーマを決めて語り合う場を提供

【EVENT】

イベントについて

・ハンドボールを愛する仲間との交流会(男女混合や未経験者も含めた交流戦など)
・選手(現役、元)やハンドボール関係者、外部有識者などによるトークイベント
・日本代表応援イベント
・日本リーグ観戦イベントなど

【QUESTION】

~会員様からの質問への回答~

・ハンドボールに関する全てについて

サービス内容

このアスリートクラブは月額2,000円(税込)の有料サービスです。
■会員数無制限

プロフィール

東 俊介(あずま しゅんすけ)
1975年9月16日生まれ 41歳 191cm 96kg
(財)日本体育協会公認スポーツ指導者
教育職員免許状一種(中学・高校体育)
スポーツ科学修士
日本トップリーグ連携機構ボールであそぼうマイスター
元ハンドボール日本代表主将。大崎電気では9度の日本一に貢献。日本代表として2003年アテネ五輪アジア予選など数々の国際試合に出場し、2009年に現役引退。引退後は早稲田大学社会人大学院にて元巨人軍の桑田真澄氏らとともにスポーツマネジメントを学び、修士論文は優秀論文賞を受賞。 現在は株式会社サーキュレーションにて経営コンサルタント、株式会社藤商(本社・吉川市)にてFujisho Neo Sports Project GMとして勤務する傍ら、日本ハンドボール協会マーケティング委員、早稲田大学スポーツ産業研究所招聘研究員、日本スポーツ産業学会運営委員、世界ゆるスポーツ協会アンバサダー、NPO法人STANDシニアディレクターなどを務める。
また、本業の合間には全国各地でハンドボール教室や講演会の講師を務め、好評を博している。
著書に「企業スポーツの現状と展望(創文企画)※共著」、著作に「ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム(トレンドアクア)※監修」、「ゼロから始めるハンドボール(ジャパンライム)※指導解説」


東 俊介(あずま しゅんすけ)
1975年9月16日生まれ 41歳 191cm 96kg
(財)日本体育協会公認スポーツ指導者
教育職員免許状一種(中学・高校体育)
スポーツ科学修士
日本トップリーグ連携機構ボールであそぼうマイスター
元ハンドボール日本代表主将。大崎電気では9度の日本一に貢献。日本代表として2003年アテネ五輪アジア予選など数々の国際試合に出場し、2009年に現役引退。引退後は早稲田大学社会人大学院にて元巨人軍の桑田真澄氏らとともにスポーツマネジメントを学び、修士論文は優秀論文賞を受賞。 現在は株式会社サーキュレーションにて経営コンサルタント、株式会社藤商(本社・吉川市)にてFujisho Neo Sports Project GMとして勤務する傍ら、日本ハンドボール協会マーケティング委員、早稲田大学スポーツ産業研究所招聘研究員、日本スポーツ産業学会運営委員、世界ゆるスポーツ協会アンバサダー、NPO法人STANDシニアディレクターなどを務める。
また、本業の合間には全国各地でハンドボール教室や講演会の講師を務め、好評を博している。
著書に「企業スポーツの現状と展望(創文企画)※共著」、著作に「ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム(トレンドアクア)※監修」、「ゼロから始めるハンドボール(ジャパンライム)※指導解説」


page top