小宮山悟 athlete club「24時間の使い方」

小宮山悟 athlete club「24時間の使い方」

概要

小宮山悟が主催するathlete club、「24時間の使い方」。
競技者、指導者そしてトップアスリートまで、目標・夢を持ち、その実現のために努力を続ける方々を対象に、「野球人」としての生涯を全うする小宮山悟の考え方を紹介します。
「才能は誰にでもあるわけではないけれど、24時間は平等にみんなに与えられている。by小宮山悟」皆様からのご質問、お悩みに沿ってテーマを取り上げます。
athlete club「24時間の使い方」で、小宮山悟の考え、経験に、触れたい、聞きたい、見たい、という熱い思いをお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

このathlete clubの新規受け付けは終了しました

サービス内容

このアスリートクラブは月額1,000円(税込)の有料サービスです。
■会員数設定 無制限
■月額1,000円(税込)
■皆様のご質問、お悩みに沿ってテーマを取り上げます。
 「チームプレーとは・・・」
 「指導者の役割とは・・・」
 「ケガを防ぐ方法は・・・」
 「日本の野球とは・・・」
など、フィジカル、テクニカル、コンディショニング、メンタル面など、幅広いテーマにお答えします。
日々日頃のお悩みや疑問をコメントください。

■当アスリートクラブの売上の一部は、アスリート共にスポーツを通じた青少年育成、地域貢献、社会福祉活動に取組む、一般社団法人スポッツ・プロジェクトの運営資金に充てられます。(URL: http://spotsproject.com/
このathlete clubの新規受け付けは終了しました

プロフィール

小宮山悟
1965年、千葉県柏市生まれ。名門・早稲田大学へ2年の浪人を経て入学。
ロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)入団後、1年目からローテーション入りし、10年間ロッテのエースとして君臨する。
2000年、横浜ベイスターズに移籍。
2002年メジャーリーグのニューヨークメッツに入団。2004年、千葉ロッテマリーンズに復帰。
2009年に現役を引退。
現在はNHK MLB解説者、日刊スポーツ評論家や野球解説を務める。
2012年に(一社)スポッツ・プロジェクト理事就任、2014年に日本プロサッカーリーグ理事に就任するなど、スポーツ界の発展のために様々な分野で活動 している。

page top