RABONA|athlete club (アスリートクラブ)

RABONA athlete club

概要

当athlete clubには小村徳男、平野孝・戸田和幸・福永泰・清水範久のサッカー元日本代表、元Jリーガーが在籍。
現在は解説業などの他、小学生のサッカースクールのコーチとして指導をしている5人。
子供の頃から夢を抱き、多くのプレーヤーがプロを目指しながらも、夢半ばでやぶれる。その狭き門をくぐり抜け、活躍をつづけた当クラブの選手達。
プロになるためにどのような想いで、どのようにサッカーと向き合ってきたのか。
幾多の困難を乗り越えて、プロ選手への階段を上ったその裏に隠された『背景』や『想い』をエピソードを交え、余すところなくお伝えいたします。

6月15日(月)更新予定
戸田和幸
 『サッカー選手として転機となった中学時代』


6月18日(火)更新予定
福永泰
 『高校進学を支えてくれた両親』


6月22日(月)更新予定
平野孝
 『両親、周囲のサポートがなければサッカーは続けられない』


6月25日(木)更新予定
小村徳男
 『中学生で味わった挫折、そして高校の恩師の気づきが取り戻したサッカー人生』


6月29日(月)更新予定
清水範久
 『小中のサッカーには偶然、アメとムチがあった』

サービス内容

このアスリートクラブは月額2,000円(税込)の有料サービスです。
■会員数設定 無制限
■小村徳男、平野孝・戸田和幸・福永泰・清水範久のサッカー元日本代表、元Jリーガーが、プロになるためにどのような想いで、どのようにサッカーと向き合ってきたのかなど 余すところなくお伝えいたします。

プロフィール

小村徳男
サッカー元日本代表。98‘フランスW杯にも出場。
国内では横浜FMなどでDFとしてチームの中心として活躍。
高校時代までは無名だったが、とにかくレベルの高い選手とプレーがしたい!と順天堂大学へ進学し、努力に努力を積み重ねた結果Jリーガーとなり、日本代表にまでのぼりつめる。

平野孝
サッカー元日本代表。98‘フランスW杯出場。
名古屋グランパスをはじめ、7つのJクラブ、海外のクラブでもプレー経験を持つ。Jリーグ、海外を含め、400試合以上出場。数多くの指導者のもとで結果 を出し続けた。
その中で最も影響を受けたのがアーセンベンゲル。
ある一言に大きな影響を受けた。その一言とは…。

戸田和幸
サッカー元日本代表。02‘日韓W杯出場。
清水エスパルスなどJクラブの他、イングランド、オランダ、韓国、シンガポールの4か国の海外リーグでも活躍。それだけの国で活躍を続けた数少ない選 手。
アンダーカテゴリーでも日本代表に選出されているが、中学・高校時代と順風満帆で進んできたわけではなく、所属チームでの厳しい状況を『努力』する ことで変え、切り開いてきた。

福永泰
元浦和レッズ。
テスト生として浦和レッズのトレーニングに参加したが、高い技術を駆使し、活躍が認められ、実力でプロ契約を勝ち取る。
そして、シーズン途中にはチームのエースとしてチームの躍進を支える原動力となる。
1997年には突如ギランバレー症候群による長期離脱を余儀なくされるが、翌年には完全復活をとげる。

清水範久
元ジュビロ磐田-元横浜FM。
1997年のチャンピオンシップではチームを優勝に導く決勝ゴールを決める。
高校進学時に県内でも有数の進学校へ行けた成績でありながら、「サッカーやりたい!」と親を説得。
自宅から高校まで往復3時間を毎日自転車で通う。
また、プロになるきっかけは意外なところにあった…。

page top